• ハリー・ポッター
  • 児童書
  • ヤングアダルト
  • 単行本
  • 文庫

邪馬台戦記

1 闇の牛王

邪馬台戦記

邪馬台国はどこにあったのか、卑弥呼は一体どこからやってきたのか――日本のルーツと歴史上最大のミステリーに迫る歴史冒険小説。

著者 東郷 隆 / 佐竹 美保 / 
ジャンル 単行本 > 文芸書 > 邪馬台戦記
出版年月日 2018/01/24
ISBN 9784863894044
判型・ページ数 4-6・280ページ
定価 本体1,600円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
邪馬台国はどこにあったのか、卑弥呼は一体どこからやってきたのか――日本のルーツと歴史上最大のミステリーに迫る歴史冒険小説。

3世紀初頭、弥生時代最後期。瀬戸内海沿岸部の集落のひとつ、ウクイ村には暗い影がさしていた。卑弥呼の治める女王国に従わず、近隣諸国から税を取り立てるクナ国は、過去のある出来事を盾に、数年置きに生口(奴隷)として少年少女をさらっていく。一度クナ国に連れられた者は、二度とウクイの土を踏むことはなかった。今年がその年。12歳となった少年ススヒコは、幼馴染の少女ツナテが生口となることを知り、自らも名乗りをあげ、クナ国へ向かう。一方、漢土からの使者・公達は、卑弥呼から意外な依頼を受ける。それは、クナ国の暴君にして自身の弟、ハヤスサの討伐だった――。