• ハリー・ポッター
  • 児童書
  • ヤングアダルト
  • 単行本
  • 文庫

マザーツリー

母なる樹の物語 新刊近刊

マザーツリー

戦に命を散らした若者、母熊を失った子熊、切り倒された木々・・500歳のミズナラの樹が、その身に起こった出来事を物語る。

著者 C・Wニコル / 佐竹 美保 / 
ジャンル 児童書 > 静山社ペガサス文庫 > 静山社ペガサス文庫
出版年月日 2018/05/16
ISBN 9784863894495
判型・ページ数 新書・328ページ
定価 本体880円+税

この本に関するお問い合わせ・感想

内容紹介
主人公は、500年の長い歳月を生きてきた、1本のミズナラの樹。「昔々、私が権轟山の麓に生まれてから今日までこの目で見た、さまざまな出来事の物語でございます。その昔、隻眼の悲しい目をした世捨て人が、私のそばに庵を編みました。私の前で、勇敢に命を散らした若武者もおりました。船大工の辰吉も、山の少女ツキも、思えば哀しい心を抱いた人たちでした。母熊を失った子熊の哀れな鳴き声や、子を捨てた母親の嘆きの声は、今もこの耳に残っております。荒らされた山、汚された川、そして切られた木々、私の体には悲しみが刻まれているのでございます。年輪の一本、一本に・・。」ナチュラリストとして知られる著者が紡ぐ、母なる樹の物語。